メンバー

Member

ケアくるで働くメンバーを紹介します。

  • 大山智弘

    Tomohiro Oyama
    代表取締役

    新卒にて株式会社ユナイテッドアローズ入社。人事部配属となり、人材採用・教育を主に担当。教育部門ではリーダーを務める。イギリス留学を経て、株式会社リクルートに入社。その後、ベトナムにてEVOLABLE ASIA Co., Ltd代表取締役社長に就任。 退任後は株式会社リンクバル入社。執行役員としてIPOを経験後、取締役就任。現在に至る。

  • 松下勇介

    Yusuke Matsushita
    創業者/取締役

    新卒にてアビームコンサルティング株式会社入社。主に金融系企業の経営管理高度化の支援や業務プロセス改革、組織改革、システム化構想策定等のプロジェクトに従事。その後、株式会社アイアンドシー・クルーズ入社。執行役員として、インターネットサービスの新規事業立ち上げから事業拡大まで経験後、現在に至る。

  • 岩井隆浩

    Takahiro Iwai
    創業者/取締役

    大学卒業後、東京医療専門学校に進学。鍼灸マッサージ師、柔道整復師の国家資格を免許取得する。整骨院や整形外科などの医療機関にて、臨床現場を経験する。多くの治療院開業やリニューアルに携わり、実績を残す。その後、カナダ・トロントへ留学。現地治療院にて臨床を経験。日本の伝統的な治療技術を伝える。帰国後、麻布十番に治療院を開業。福利厚生マッサージなどのサービス開発を手がける

  • 佐藤卓也

    Takuya Sato
    CIO

    国立東京工業高等専門学校卒業後、新卒にて富士通入社、主に物流基幹システム、官公庁電子申請システムの開発プロジェクトに従事、その後、株式会社ウィルゲート入社。取締役CTOとして、SEO事業の拡大、インターネットサービスの新規事業立ち上げから事業拡大まで経験し、ウィルゲートベトナム現地法人代表に就任後退任し、インターネットサービス提供事業者の新規事業立ち上げ支援、拡大支援を手掛け、現在に至る。

  • 橋本将崇

    Masataka Hashimoto
    CTO

    大学在学時からフリーランスとしてWebサービスの受託開発を経験。 ベンチャー企業にてCTOとして、ソーシャルゲーム、メディアなど自社サービスを統括しながら、人材の採用から評価までを行う。 その後、株式会社リクルートキャリアに入社しエンジニア向けのHR領域の事業開発として新規サービスの立ち上げを行う。

  • 山本祥平

    Shohei Yamamoto
    エンジニア

    大学卒業後、長期療養型病院に入職し、病棟・外来にて医療クラーク・事務として、主にレセプトコンピュータでの診療報酬請求業務や医師事務作業補助に従事する。その後、エンジニアへ転向する為にG’s Academy Tokyoへ入学しプログラミングを学び現在に至る。

  • 飯塚修平

    Shuhei Iizuka
    コンサルタント

    新卒にてテンプスタッフ株式会社入社。カナダ留学を経て、富裕層向け海外進出コンサルタントとして従事。その後、大分県に移住し第三セクターの立ち上げ、地方創生事業に携わる。現在は人材コンサルタントとして、地方の若者減少、外国人雇用をテーマに活動中。

  • 提橋由幾

    Yuki Sagehashi
    アドバイザー

    株式会社メディシス・代表取締役。慶応義塾大学総合政策学部卒業。在学中に株式会社メディシスを医師メンバーとともに創業。同社の経営の傍ら、各種スタートアップ企業、NPOの立ち上げ等に携わる。卒業と同時に株式会社メディヴァに参画。医療機関の開業、経営支援、ターンアラウンド、企業向けの戦略コンサルティングに従事。現在は、医療法人、医療・ヘルスケア関連企業、小売企業、PEファンド、非営利組織の役員、顧問等を務める。

  • 中山俊

    Shun Nakayama
    アドバイザー

    医師(整形外科医・産業医)。医療者のためのスライド共有サービス「 Antaa Slide 」の企画・開発・運営と医師の疑問解決ツール「Antaa QA」の企画・開発・運営するアンター株式会社代表取締役。

  • 山川 義人

    Yoshito Yamakawa
    アドバイザー

    はり師・きゅう師(教員資格)/産業カウンセラー。新卒にて東日本電信電話株式会社に入社、遠隔医療システム及びコンテンツビジネスに従事。退職後、はり師きゅう師(教員資格)取得、専門学校にて専門職養成教育に従事。教育に従事するとともに(一社)全国統合医療協会経営企画室室長として鍼灸整骨院の経営を支援。また、日本の伝統医療であるあん摩はりきゅうの海外輸出のため、自身で途上国での活動を行うとともに、海外渡航希望者の支援を行う。

TOPに戻る